菓心まるいち

菓心だより

行事案内

6月・7月の行事

  • 6月16日(日) 和菓子の日・父の日
  • 6月22日(土) 夏至
  •  
  • 7月2日(火) 半夏生
  • 7月7日(日) 七夕・小暑
  • 7月10日(水) まるいちデー
  • 7月15日(月・祝) 海の日
  • 7月23日(火) 大暑
  •  

  • まるいちデー

  • 求人情報
  • 正社員・パート募集中
  • 詳細は≫こちら
    ハローワーク求人情報をご覧ください。

6月16日 【和菓子の日】

  • 承和15年(848年)、国内に疫病が蔓延したことから、仁明天皇が6月16日に菓子や餅を神前に供え疫病の退散を祈願して、元号を「嘉祥・かじょう」と改めたことにはじまると伝えられています。「嘉祥の祝」は江戸時代になると「健康と招福」を願う行事として庶民にも広がり「嘉定喰」といわれ、欠かせない年中行事となりました。それを昭和54年に全国和菓子協会が「和菓子の日」としてよみがえらせました。
  • <和菓子の日特典>
    ①おたのしみカードポイント☆3倍☆
    ②1,000円(税別)以上お買い上げのお客様に粗品プレゼント

6月16日は<父の日>

  • いつも頑張っているお父さんにプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

七夕限定上生菓子
「七夕伝説」ご予約承り中です。


  • 写真左より 
    天の川(かのこ製)
    おり姫とひこ星(ねりきり製)
    七夕(錦玉製)
  • 夜空に浮かぶ天の川、織姫と彦星が1年に1度だけ会える日という伝説の七夕。
    笹を飾って、短冊に願い事を書いて結びつけると願いが叶うといわれています。

おすすめ商品

《さがどら》




全国的にも定評のある「佐賀よかもち」と地元の石うす挽き小麦粉をふんだんに使った、まさに佐賀生まれの「さがどら」。あっさりとした小倉あんは、北海道十勝産特撰小豆をていねいに手で練り上げました。しっとりとして、もちもちっとした食感がたまらない、まるいちこだわりの逸品です。

詳細はこちら


《佐賀マンダリンゼリー》

"みかんの貴婦人"と称される佐賀マンダリンの果肉と100%果汁を使用し、もぎたての美味しさをそのまま詰め込んだ「佐賀マンダリンゼリー」。新鮮な果肉と、ゼリーのサラっとしたさわやかな口あたりが特長です。

詳細はこちら

佐賀マンダンゼリー

さがどら

舞い上がれ大空へ

ふみ餅

雛祭り

端午の節句

注文はこちら

お菓子何でも情報館

朝生菓子

春夏秋冬の風とともに心和むひとときを運びます。

上生菓子

五感で四季の移ろいを感じてください。

贈答菓子

一品一品に心を込めた菓心まるいちのお菓子。

慶弔菓子

おもてなしの心を大切に・・・