ホーム > 菓心だより

菓心だより

行事案内

6月・7月の行事

  • 6月16日(日) 和菓子の日・父の日
  • 6月22日(土) 夏至
  •  
  • 7月2日(火) 半夏生
  • 7月7日(日) 七夕・小暑
  • 7月10日(水) まるいちデー
  • 7月15日(月・祝) 海の日
  • 7月23日(火) 大暑
  •  

  • まるいちデー

  • 求人情報
  • 正社員・パート募集中
  • 詳細は≫こちら
    ハローワーク求人情報をご覧ください。

6月16日 【和菓子の日】

  • 承和15年(848年)、国内に疫病が蔓延したことから、仁明天皇が6月16日に菓子や餅を神前に供え疫病の退散を祈願して、元号を「嘉祥・かじょう」と改めたことにはじまると伝えられています。「嘉祥の祝」は江戸時代になると「健康と招福」を願う行事として庶民にも広がり「嘉定喰」といわれ、欠かせない年中行事となりました。それを昭和54年に全国和菓子協会が「和菓子の日」としてよみがえらせました。
  • <和菓子の日特典>
    ①おたのしみカードポイント☆3倍☆
    ②1,000円(税別)以上お買い上げのお客様に粗品プレゼント

6月16日は<父の日>

  • いつも頑張っているお父さんにプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

七夕限定上生菓子
「七夕伝説」ご予約承り中です。


  • 写真左より 
    天の川(かのこ製)
    おり姫とひこ星(ねりきり製)
    七夕(錦玉製)
  • 夜空に浮かぶ天の川、織姫と彦星が1年に1度だけ会える日という伝説の七夕。
    笹を飾って、短冊に願い事を書いて結びつけると願いが叶うといわれています。

季節の朝生菓子

あんみつ

まるいち特製のあんこ玉に、佐賀マンダリンの果肉や色とりどりの寒天、白玉、大納言かのこ豆をあわせたあんみつです。色とりどりの寒天は抹茶・オレンジ・トマトの味を楽しめます。お好みのシロップをかけてお召し上がりください。

(税別)1個 380円

>>詳細はこちら

くず饅頭(黒・白・抹茶)

南九州で採れた本くず粉と甘藷(かんしょ)でん粉を使用し、砂糖(グラニュー糖)と水だけを加えぷるんぷるんの食感に煉り上げています。黒あん、白あん、抹茶あんと3種類ございます。

(税別)1個 120円

>>詳細はこちら